株式会社安藤鉄工建設
ごあいさつ 研究開発室 会社概要 3次元構造 工事実績
設備紹介 採用情報 お問い合わせ リンク HOMEへ戻る
研究開発室
(株)安藤鉄工建設 社内技報

弊社研究開発室では、社内的な技術・技能の向上を目的とし、調査・実験・統計などを行っており、その成果を社内技報として発行しております。また、学会・協会などへの参加も積極的に行っており、今後も実務的な調査・実験・検討を行っていきたいと考えております。


社内技報 No.1 目次 (2005年11月)

1. 示温材による溶接施工管理

2002年9月  金谷 貴志 荒川 満

2. ファブリケーターから見た告示1464号 −施行後4年経過しての現状−

2004年10月 金谷 貴志 (鉄構技術2005年3月掲載)

3. 建築構造用高性能鋼590N/mm2級鋼材(SA440)の対応策

2004年11月 金谷 貴志 金谷 孝夫 佐藤 雅晴 荒川 満 小嶋 茂 袴田 和紀

4. 入熱・パス間温度管理方法の違いによる溶接継手の機械的性質の変化

2005年1月  金谷 貴志 (日本建築学会 関東支部研究報告会 発表)

5. 低降伏点鋼LYP225の溶接施工条件に関する検討

2005年1月  金谷 貴志 (日本建築学会 関東支部研究報告会 発表) (溶接学会 東北支部 発表)

6. SA440とSCW620の溶接施工条件に関する調査・研究

2005年3月 金谷 貴志 畠 修晋 荒川 満

7. 低降伏点鋼LY225の溶接施工条件に関する研究

2005年4月  金谷 貴志 (日本建築学会大会(2005年近畿)学術講演会 発表)

8. 鉄骨製作の立場から溶接接合部の性能確保を考える

2005年8月  金谷 貴志

9. 簡易硬さ試験による溶接金属の強度測定と引張試験による強度値の比較実験

2005年9月  金谷 貴志 荒川 満

10. 超音波探傷試験による内ダイアフラムの位置及び継手形状の測定・調査 報告書

2005年6月  秋田県非破壊検査技術研究会 技術向上委員会


社内技報 No.2 目次 (2006年9月)

1. パス間温度管理方法の違いによる溶着金属及び溶接継手部の機械的性質について

−シャルピー衝撃値のバラツキについての調査−
2005年6月  金谷 貴志 (鉄構技術2005年8月掲載)

2. 簡易硬さ試験による溶着金属の強度算出と引張試験による強度値の比較実験

2005年11月 金谷 貴志 荒川 満 (鉄鋼技術2006年2月掲載)

(日本建築学会東北支部2006年度発表)
3. ファブリケーターの現状を品質とコストの面から考える(その1)

2005年12月 金谷 貴志 安藤 圭一朗 佐藤 雅晴

4. エレクトロスラグ溶接における溶接継手部の性能確認試験

2006年2月  金谷 貴志 小嶋 茂 佐藤 雅晴 荒川 満 金谷 孝夫 安藤 祐一

5. マグ溶接における最適シールド条件の検討

2006年2月  金谷 貴志 荒川 満 木村 光彦* 工藤 素* 
* 秋田県産業技術総合研究センター 主任研究員 (溶接学会平成18年度春季全国大会 発表)

6. 引張強度及び降伏点とビッカース硬さの相関に関する実験的研究

2006年3月  金谷 貴志 (日本建築学会2006年度大会学術講演会(関東)発表)

7. 溶接金属部の機械的性能とビッカース硬度の相関に関する実験的研究

2006年6月  金谷 貴志 佐藤 雅晴 荒川 満

8. 平成17年度共同研究報告書

マグ溶接における最適シールド条件の検討
平成18年2月20日 秋田県産業技術総合研究センターとの共同研究報告


社内技報 No.3 目次 (2007年12月)

1. 入熱・パス間温度管理に関する実施工での調査結果(その1)

2006年10月 金谷 貴志 荒川 満 小嶋 茂 佐藤 雅晴

2. ファブリケーターの現状を品質とコストの面から考える(その2)

2006年10月 金谷 貴志 安藤 圭一朗 佐藤 雅晴 伊藤 淳一 畠 修晋 志田 宏樹

3. 実務的な入熱・パス間温度管理手法に関する調査研究

2006年12月 金谷 貴志

4. 溶接ロボット導入の経緯と今後の展望

2006年12月 金谷 貴志 安藤 圭一朗 安藤 祐一 金谷 孝夫 佐藤 雅晴 伊藤 淳一

5. 溶接ワイヤの違いによる溶接金属部の機械的性能に関する調査研究

‐YGW11とYGW18の比較について‐ 2007年2月  金谷 貴志 佐藤 雅晴 荒川 満
(2007年度 日本建築学会 東北支部研究報告会 発表)
(2007年度 秋田県非破壊検査技術研究会 事例・研究発表会 発表)

6. 通しダイアフラムと梁フランジ溶接接合部の初層溶接溶込み状況確認

2007年4月  金谷 貴志 金谷 孝夫 荒川 満 高松 進 伊藤 淳一

7. 大組立溶接ロボット導入の経緯と今後の展望

2007年5月  金谷 貴志 安藤 圭一朗 安藤 祐一 金谷 孝夫 佐藤 雅晴 伊藤 淳一

8. 25度レ形開先溶接施工に関する実験的研究

2007年7月  金谷 貴志


株式会社 安藤鉄工建設
〒016-0122 秋田県能代市扇田字扇淵12-5
電話:0185-58-5211(代)  FAX:0185-58-5264  mail:honsya@andosteel.co.jp プライバシーポリシー