株式会社安藤鉄工建設
ごあいさつ 研究開発室 会社概要 3次元構造 工事実績
設備紹介 採用情報 お問い合わせ リンク HOMEへ戻る
会社概要
会社概要
管理技術者・技能者
管理技術者・技能者
過去紹介記事
 
愛知万博:三井・東芝館、グローバルループ、西エントランス施設(2007.03)

この工事の発注者は新日鉄エンジニアリング(株) です。

愛知万博:三井・東芝館
所在地 :愛知県長久手町、豊田市、瀬戸市
建築面積:1794.66u
延床面積:2994.34u
使用用途:博覧会施設
構 造 :鉄骨造2階建
特 色 :「感じる地球」をコンセプトに、出展テーマである「地球 生命(いのち)の輝き」を来館者に体験、想起してもらえるよう、水・光・風などのアースエレメントを取り入れ、地球の生命が織り成す躍動感を表現しています。
地上2階建ての鉄骨造で、全体を覆う屋根は吊り構造に3本の柱だけで支えられています。
これは最も鋼材量が少ない構造です。これまでのような圧縮に対抗して踏ん張る構造ではなく、傘のように吊り構造にすることによって、軽量化が実現されています。

 
愛知万博:グローバルループ
所在地 :愛知県長久手町、豊田市、瀬戸市
全 長 :2.6 km
標準幅 :21 m 
使用用途:主要通路
構 造 :鉄骨造
大 梁 :□- 500×500×16〜25 HY- 500×250×9×22
     H- 500×200×10×16
小 梁 :H- 300×150×6.5×9
特 色 長久手会場における観客の主動線として、会場をほぼ水平に一周できる空中の回廊です。路面は21m×10m及び21m×16.65mの四角形の基本ユニットを水平継続的に並べることによって形成しています。柱は267.4mm×9.3mm〜457.2mm×12.7mmの丸パイプを使用し、一部張弦梁形式で大スパンを確保しています。この回廊は自然の地形に合せて配置されており、自然環境に対する配慮にも重点が置かれています。また通路面は、近年注目されている段差をなくしたバリアフリーのデザインとなっています。
 
愛知万博:グローバルループ
所在地 :愛知県長久手町、豊田市、瀬戸市
建築面積:4007u
延床面積:6203u
使用用途:飲食店、店舗、事務所
構 造 :鉄骨造3階建
屋 根 :パイプトラス構造とした膜屋根

<<前のページへ戻る

株式会社 安藤鉄工建設
〒016-0814 秋田県能代市能代町字中川原26-706
電話:0185-54-6667(代)  FAX:0185-54-6669  mail:honsya@andosteel.co.jp プライバシーポリシー